多汗症とは

多汗症とは

多汗症とは過剰に汗をかく病気です。
人は体温の調節のために必要量の汗をかいたり、精神的なストレスや緊張からも汗をかいたりしますが、多汗症はその発汗量を大きく上回ります。

また高温の場所に居てたくさん汗をかく場合の温熱性発汗や、辛いものを食べた時に額から出る味覚性発汗とはまた違い、多汗症はこのような状況にも関係なく大量の汗をかきます。

多汗症の分類

多汗症には全身性多汗症と局所性多汗症の2つに分類されます。
全身性多汗症とはその名の通り全身から大量に発汗する症状であり、局所性多汗症は頭、顔、手のひら、足裏、ワキの部位に左右対称に大量に発汗する症状です。
手のひらの過剰な発汗は手掌多汗症、足の裏は足蹠多汗症、ワキは腋窩多汗症、頭部と顔面は頭部顔面多汗症と呼ばれます。

多汗症の原因

原因の有無によって、全身性多汗症・局所性多汗症は特に原因のない「原発性」か他の疾患に合併して引きおこる「続発性」に分かれます。

原発性多汗症は明らかな原因がないため、発汗部位や発汗量に合わせた対処・治療が必要となります。

続発性多汗症は原因となる病気の診断を受け、病状に応じた適切な治療を受ける必要があります。
続発性多汗症の場合は、全身性か局所性で下記の病気が疑われます。

□全身性多汗症
薬剤性、薬物乱用、循環器疾患、呼吸不全、感染症、悪性腫瘍、内分泌代謝疾患(甲状腺機能亢進症、低血糖、褐色細胞腫、末端肥大症、カルチノイド腫瘍)、神経学的疾患(パーキンソン病)

□局所性多汗症
脳梗塞、末梢神経障害、神経障害による無汗から起こる他部位での代償性発汗
(脳梗塞、脊椎損傷、Ross症候群)、Frey症候群、エクリン母斑、不安障害、片側性局所性多汗症(例:神経障害、腫瘍)

 

参考文献:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版

タイトルとURLをコピーしました