制汗剤を使うならどのタイプ?制汗剤の特徴を知ってうまく使い分けよう

今や様々な種類がある制汗剤。今回は制汗剤のタイプ別の特徴やメリット・デメリットをご紹介します。今まで制汗剤を使ったことがなかったけど、最近は汗やベタつきが気になる…という方は、ぜひ制汗剤選びの参考にされて下さい。

汗を「かく前」と「かいた後」で使い分ける

制汗剤にも汗をかく前と後で効果に違いが出てくるものがあります。
事前に汗ジミやにおいの対策をしておきたい場合はスプレー、ロールオン、クリームタイプで対策できるものが多いです。
また汗をかいた後のベタつきやにおいを抑えたい場合はスプレー、ローション、シートタイプで対策するのがおススメです。
目的に応じて制汗剤を選び、使い分けることで効果をより感じやすくなりますよ。

制汗剤タイプ別の特徴

スプレー

昔も今も人気が根強く種類豊富なのがスプレータイプです。汗をかく前・かいた後も素肌をサラッとさせ、殺菌効果で気になるにおい対策もできる優秀な制汗アイテムです。
どんなタイミングでも制汗対策しやすいスプレータイプですが、使用時にスプレー音がすることや、制汗成分や殺菌成分の肌への密着度は肌に直塗して使用するロールオンタイプやクリームタイプに比べると劣る為、人並以上に汗をかく人には効果を感じにくいかもしれません。

ロールオン

ロールオンタイプは汗やにおいが気になる前に、ワキ等に直に塗って対策することができます。
メリットとしてはサッと塗って使える手軽さと、コンパクトサイズのものが多いので持ち運びにも便利です。デメリットなのは塗ったローションが乾くまで少し時間がかかることです。

クリーム

クリームタイプは汗とにおいが気になる部位に直塗し、汗の出口にしっかりとフタをしてくれて、汗くさいにおいの広がりも防いでくれます。スプレータイプやロールオンタイプに比べると肌への密着度は強いので、クリームタイプは効果の持続が感じやすいかもしれません。ただデメリットは、手にクリームを直接とって塗るものが多いので、使用する度に手にクリーム付いてしまうことです。

ローション・シート

ローションタイプもシートタイプも汗をかいた後のベタつき・におい対策に役立ちます。運動をした後のクールダウンに、またベタつく肌に爽快感がほしい時に使用するのがおススメです。ただし、制汗成分は入っていないものも多いので、制汗目的で使用したい場合は購入の際に成分や効果・効能を確認するように注意しましょう。

 

いかがだったでしょうか?制汗剤にも色々なタイプや機能のものがあるので、目的やタイミングで使い分けて、汗の不快なストレスを少しでも軽減させましょう!

タイトルとURLをコピーしました